暑い夏も終わり朝晩はめっきり涼しくなりました。今年の猛暑、地球全体がおかしくなってるのか?これから毎年暑い夏が続くんでしょうか!?今年の猛暑の影響で急激に増えた修理がオーバーヒートなんかありました。サーモスタットがダメになって開きっぱなし状態でファン回らずってのもけっこうありました。そして猛暑の影響がこんなところにも。
ポンプ 001ポンプ 002これなんでしょ!?
そうです。インジェクション車輌のタンクの下(機種によっては上からぶら下がってるのもあります)に付いているフューエルポンプです。


インジェクション車輌なら100%付いてるパーツですが、熱によって中のぺラが変形し回らなくなるってのが正解なのかな!?フューエルポンプ故障多発警報だしてもいいくらいの交換率でした。
(今頃遅いって)それもほぼヤマハ車輌。ポンプなんか作ってるメーカー一緒かなと思ってましたけどメーカーによって何種類かあるみたいっす。車種問わず、正常なものはメインキーをONにした時点で
2秒ほど ”ヒュ〜” っと最初の作動音が聞こえます インジェクション車輌の売りの一つにエンジンの始動性があると思います。バッテリーが元気であれば容易にエンジンは始動するはずです。
エンジンが容易にかからない場合はキーをONにした時点で ”ヒュ〜” と作動音がしてるか耳を澄まして聴いてみて下さい。音がならなければポンプにいく配線の断線orポンプ不良orコンピューター不良が主な原因と考えられます。ちなみに今までのポンプ系修理は100%ポンプ不良でした。メーカー、機種によって値段は違いますが20,000円から高いものでは50,000円近くするものもあります。
インジェクション車輌オーナー様は今日の記事を頭の片隅にでも入れといて下さいませ。
ポイントはキーON→ヒュ〜です と、たまには真面目なブログ書いたりする今日この頃でした

パーツ 001
ネイティブマコっちゃん、
このシルバーフックとOリングの小さいやつだけ用意して下さいm(__)m



パーツ 002
隼Pくんパーツ揃ってますが溶接ガス只今充填中なんで
金曜以降OKですm(__)m