行ってきました 全日本モトクロス選手権最終ラウンド 広島大会
IA1クラスはランキング1位の #1ホンダ山本鯨選手と2位ヤマハファクトリーレーシング#2富田俊樹選手の差はわずか1ポイント
最終戦2ヒートで2021年のチャンピョンが決まります
土曜の予選、富田選手は6年ぶりに広島のコースをガチで走るということ&最終戦チャンピョン争いでの固さがあったのか少し乗れてないような気もしました
そこはプロのファクトリーライダーなんで決勝に向けてしっかり修正してくれることと思ってました
土曜予選、日曜の決勝とコースコンディションはべスコン
向かえた1ヒート目はまだ少し固さがあったのか3位でのフィニッシュ
山本鯨選手がトップフィニッシュだったのでこの時点でポイント差は10ポイントに拡大
2ヒートめ、泣いても笑ってもラストの戦いです
MFJのライブチャンネルで応援されてた方も多々いらっしゃったと思いますがホールショットスタートからの1周目からチャンピョン争いをする二人があてられてあてての熱いレースの始まりとなりました
接触により#1山本選手が転倒しほぼ最後尾からの追い上げ展開となりました
上位3台富田選手(ヤマハ)、能塚選手(カワサキ)、渡辺選手(ヤマハ)は4位以下を大きく引き離してたのでこのまま富田選手が1位フィ二ッシュすれば逆転チャンピョンとなります
しかしながら#1山本選手は最後尾から凄まじい追い上げ
レース中盤には4位までポジションを回復
しかし上位3台とに差はなかなか詰まりません
このままトッチ優勝か!?と思ったラスト3周目あたりにハイサイド気味で転倒は免れましたがそこから少しリズムが狂ったかな プレッシャーもかなりあったと思います
ラストに2位能塚選手にトップを奪われ年間チャンピョンには一歩届かず
しかしながら2ヒートめは間違いなく今シーズンのベストレース
スタートは今シーズン1番決めてくれたし山本選手とのプロらしいガチンコバトル
レース後、#1山本選手が今シーズン限りの引退を公式に発表し残念ながら同年代の熱いバトルを来シーズンは見れませんがトッチには来シーズンこそ1番目指してバイカーズも微力ながらサポートしていきたいと思います
もう一人の石川出身IA2クラスに出場する #15鈴村英喜選手
自力はありながらも今シーズンはなかなか結果を残せませんでしたが最終戦で見事表彰台に上ってくれました
スタートがうまく今までのレースも前に出ながら後半たれてしまい順位を落とす展開が多かったですが、今回は後半もたれることなく最後までアグレッシブなレースを見せてくれてこちらも今シーズンのベストレースだったのは言うまでもありません
英喜はそろそろ結果を出してくれないと困るんで来年は開幕から表彰台のてっぺんを目指して頑張ってもらいたいものです
20211128_11430320211128_110357









そして石川県出身ではないですが
20211128_115242
IA1クラスに出走する #14 道脇右京選手
バイカーズも応援する道脇選手ですが
地力がある速いライダーなので来シーズンはトッププライベーター目指して準備してもらえればと思ってます

昨日で2021年シーズンは終わってしまいましたが2022年に向けて 富田選手、鈴村選手に続く


”北陸から世界に羽ばたくライダーの育成” 

をスローガンに新しいチームを立ち上げ
(有)根布サービス工業様
(株)クリーン商会様
の協力を得てモトクロスではコーチングを富田選手、鈴村選手、道脇選手を中心に
エンデューロでは大神選手にお願いし北陸のオートバイスポーツの発展に尽力していきます
ご賛同いただける企業様、個人様がございましたら是非お力添えをいただければ大変嬉しいですm(__)m
よろしくお願いいたしますm(__)m